【子連れでも安心】両国の子連れランチにおすすめの和食屋「ちゃんこ道場」

両国 ちゃんこ道場

両国は、相撲の本場所の時期に賑わう国技館や、子どもから大人まで楽しめる江戸東京博物館があり、休日のランチタイムは多くのお店が混雑します。

今回は都内に住む私が実際に訪れた、両国の子連れランチにおすすめのお店をご紹介します。混雑するエリアから少し離れた、優しいおばちゃん店員さんのアットホームな雰囲気が嬉しい、良質な魚介類をいただける和食屋「ちゃんこ道場 本店」さんです。

両国の子連れランチにおすすめ「ちゃんこ道場」

両国 ちゃんこ道場

JR両国駅東口から徒歩6分、都営大江戸線両国駅から徒歩1分ほどにある「ちゃんこ道場 本店」。JR東口から徒歩2分のところに、「両国駅前店」という分店があるようです。

歩道橋の近くに大きく「ちゃんこ鍋」というのぼりが立っていて、明らかに老舗の雰囲気を漂わせています。

この近くだと、店内に土俵がある「花の舞 江戸東京博物館前店」に行くことが多かったので、今まで目の前を通ることはあってもなかなか入る機会はありませんでした。ただこの日は明らかに花の舞が外国人観光客で混雑していたこともあり、お世話になることにしました。

結果から言うと、料理もサービスも大満足でしたよ!

優しいおばちゃん店員さんのアットホームな雰囲気

両国 ちゃんこ道場

私たちは日曜の12時半ごろに3人で入店。子連れで大丈夫か聞いたところ、おばちゃんに元気な声で出迎えられました。

ランチタイムど真ん中だったこともあり、席の埋まり具合は8〜9割ほどで、子連れはもう1組いて安心できました。

店内の席構成は、4人1組のテーブルが7〜8脚、カウンターが5〜6席と全部で30〜35席くらい。残念ながら全席喫煙可能でしたが、お昼どきだったからかタバコを吸っている人はいませんでした。

店内は、メニューや有名人のサインがびっしりと壁一面に貼られており、田舎のお家をほうふつとさせるアットホームさで、落ち着いた雰囲気です。

ちゃんこから丼もの、海鮮定食まで

両国 ちゃんこ道場

ちゃんこ道場のランチメニューは、大きく分けると「ちゃんこ鍋」と「丼もの」、「海鮮の定食」の3種類用意されています。子ども用のメニューはないので、大人用をシェアするかたちになります。

私たちが注文したのは以下3品。

  • お刺身定食(税込1,300円)
  • 北海丼定食(税込1,000円)
  • 瓶ビール(税込500円)

両国 ちゃんこ道場

お刺身定食は、赤身や中落ち、サーモン、ぶり、ホタテ、タコの6種類といった贅沢な盛り合わせ

付け合せのちくわの煮物や温泉卵も、口直しとしていい塩梅の優しい味でした。一部、冷凍モノであることを感じさせるほど冷たいネタもありましたが、全体的にはクオリティが高く、おいしくいただけました。

両国 ちゃんこ道場

いっぽう北海丼定食も、ホタテやイクラ、ウニがたっぷり乗った贅沢なひとしな

5歳になる息子とシェアしたのですが、たいそう気に入ったのかほとんどのネタを食べられてしまいました(笑)。お店の方のご好意で、子ども用に味噌汁を1杯サービスしてもらえたのが有り難かったです。

お刺身定食と北海丼定食それぞれにうさぎ型のりんごがデザートについていて、それも子どもが全て食べました。

両国の子連れでおいしい和食屋さん

両国 ちゃんこ道場

いざ入ってみれば、両国の子連れランチとしてかなりポイントが高かった「ちゃんこ道場 本店」。おばちゃん店員さんの温かい接客を受けながら、子連れに嬉しい座敷で美味しい海鮮、お鍋をいただくことができます。

また夜は居酒屋メニューが中心で、焼きとうもろこし(600円)など子どもが喜びそうなメニューも用意されています。ぜひまた今度は夕飯にお邪魔しようと思います。

なおJR西口から徒歩1分のところに「両国駅前店」がありますが、居酒屋っぽい内装・客層なので本店とはかなり雰囲気も違いそう。子連れでゆっくりいただくなら本店がおすすめですよ!

店名 ちゃんこ道場 本店
電話 03-3635-5347
住所 東京都墨田区緑1-28-4
交通 JR両国駅東口徒歩6分
都営大江戸線両国駅徒歩1分
時間 ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:00〜23:00
*月曜定休
予算 ランチ 1,000〜1,500円
ディナー 3,000〜4,000円
支払い カード可(JCB、AMEX)
駐車場 なし
予約 可(電話のみ)

※記載の内容は執筆時点のものです。正確な情報は、必ずお店に直接ご確認ください。

関連記事:【実際に行ってみた】両国の子連れランチ・ディナーでおすすめのお店