【産後や授乳中のダイエットにおすすめ】安心して飲める酵素ドリンク5種を徹底比較

産後ダイエット 酵素 商品 イメージ

妊娠〜出産を経て変化したからだのなかでも、特に「産後太り」を気にしているひとは少なくありません。

しかし、ただでさえ育児で忙しいなかで、本格的なダイエットをする余裕は作りづらいですし、授乳中のひとは自分が摂る栄養を減らすことでの赤ちゃんへの影響が気になることと思います。

そこで、産後・授乳中のママにおすすめの「酵素ドリンク」について、産後ダイエットにおすすめな理由と自分にあった商品の選び方、それぞれを私が実際に買って飲んだ口コミをご紹介します。

産後ダイエットに酵素がおすすめな理由

「産後太り」を解消するためのダイエット方法はいくつかあります。

しかし、初めての子育てでバタバタしていたり、上の子が小さくて一緒にお世話をしなければいけなかったりすると、時間的にも心の余裕的にも、本格的なダイエットをするのは難しいと感じるひとが多いでしょう。

そのなかで酵素ダイエット、特に酵素ドリンクを活用した「置き換えダイエット」が、以下3つの理由からおすすめです。

①必要な栄養をしっかり摂れる
②間食を置き換えるだけでも効果が期待できる
③酵素によって身体のコンディションが整う

特に①が重要なポイントで、食事だけでは不足しがちな栄養をしっかり摂りながら、同時に食べすぎも防いでくれるので、産後ダイエットを成功させやすくなるのです。

自分にあった酵素ドリンクを
選ぶ5つのポイント

では酵素ドリンクで産後ダイエットに取り組むとして、自分にあった商品を選ぶために、どのようなポイントで比較・検討すればよいのでしょうか?

実際にわたしが産後ダイエットに取り組むときに様々な商品を見て、選ぶポイントになりそうだと感じたものをご紹介します。

選ぶポイント①飲みやすさ
手軽に作れるか?味やにおいは飲みやすいか?
選ぶポイント②コスパ
最低3ヶ月は飲むとして、続けやすい価格か?
選ぶポイント③カロリー
ダイエット用なのに無駄に高カロリーじゃないか?
選ぶポイント④安全性
製造方法や放射能検査などで安全が担保されているか?
選ぶポイント⑤サポート
返金保証はあるか?定期便の購入回数に縛りはないか?

産後ダイエットは継続することが大事なので、特に「飲みやすさ」と「コスパ」のバランスは重視したほうがよいと思います。

その際に、「◯回以上は購入し続けなければいけない」という回数の縛りや、自分に合わないと思ったときに返品・返金できる制度があるかどうかもポイントとなるでしょう。

また酵素ドリンクは身体の中にいれるものなので、「国内のきちんとした工場で製造されているか?」や「放射能検査は行われているか?」などの安全性にもこだわりたいところです。

ではこれらのポイントで比較しながら、数多くある商品の中から厳選した酵素ドリンクについてご紹介していきます。

酵素のおすすめNo.1 ドクターベジフル青汁

酵素 ドクターベジフル

酵素ドリンクのおすすめNo.1は「ドクターベジフル青汁」安心の九州産の野菜が100%使われていて、「野菜嫌いでも飲みやすい」と評判です。

私も飲んでみましたが、ほかの青汁に比べると、青臭さが少なくてほんのり甘いので、青汁が苦手でなければ問題なく飲めそうだと感じました。

またドクターベジフルは、安全について厳しい審査をクリアしたと厚生労働省が認可したGMP工場で製造され、残留農薬や放射能汚染も検査されているので、授乳中でも安心して飲むことができます。

そして1日あたり約100円というコスパも魅力で、初回購入から30日以内の返品・返金保証もあります。

「特にこれ」という商品が決まってなければ、まずお試ししてみる価値はある商品だと言えますよ。

飲みやすさ (青汁が苦手でなければ飲みやすい)
3ヶ月の
コスパ
(1ヶ月あたり2,993円)
1日分の
カロリー
(10.4kcal)
安全性 (GMP認定工場で製造&放射能検査済み)
サポート 返金保証あり&定期便の回数縛りなし

酵素のおすすめNo.2 ベルタ酵素

酵素 ベルタ

酵素ドリンクのおすすめNo.2「ベルタ酵素」は、葉酸サプリや妊娠線予防クリームなども販売するブランド「ベルタ(BELTA)」のひとつの商品。

ベルタ酵素の最大の特徴は、爽やかなピーチ風味で飲みやすいこと。

お水だけでなく、無味の炭酸水と混ぜるとさらに飲みやすくなり、お腹も膨れるので置き換えダイエットに効果的ですよ。

また国内の工場で製造され、ドクターベジフルと同様に放射能検査も実施しているので、こちらも安心して飲むことができます。

管理栄養士に無料で電話相談もできるので、本気で産後ダイエットに取り組みたいひとにはおすすめです。

飲みやすさ  (爽やかな風味で飲みやすい)
3ヶ月の
コスパ
 (1ヶ月あたり8,460円)
1日分の
カロリー
 (65kcal)
安全性 (国内の工場で製造&放射能検査済み)
サポート  (返金保証はない&定期便の回数縛りなし

酵素のおすすめNo.3 コンブチャクレンズ

酵素 ダイエット コンブチャクレンズ

酵素ドリンクのおすすめNo.3「コンブチャクレンズ」は、爽やかなマンゴーっぽい風味で続けやすいのがポイントです。余計な添加物も入っていないので、産後・授乳中のママも飲んでOK。

また1日あたり約116円というコスパの良さで、飲みやすさとコスパのバランスが非常にいい商品です。

しかしコンブチャクレンズの定期便には、3回以上の購入回数の縛りがあります。返金保証もありません。

なので、まずベルタ酵素を試してみて「ちょっと違う」と感じたり、マンゴー風味なら「大丈夫かも」と思えたら、コンブチャクレンズの定期便を試してみてください

飲みやすさ  (爽やかな風味で飲みやすい)
3ヶ月の
コスパ
 (1ヶ月あたり3,467円)
1日分の
カロリー
 (46.8kcal)
安全性  (国内の工場で製造)
サポート (定期便は3回以上の縛りがある

酵素のおすすめNo.4 チアフルマム

酵素 チアフルマム

酵素ドリンクのおすすめNo.4「チアフルマム」は、葉酸や亜鉛などママのための栄養が豊富に含まれていて、妊活中から妊娠、産後の授乳中まで飲み続けられるのが特徴です。

私も飲んでみたところ、シェイカーでつくる必要があるので手間はかかりますが、フルーティな味で、チアシードのプチプチがお腹にたまる感じも、産後ダイエットに良さそうでした。

製造過程も安全に配慮されているためモノ自体はいいのですが、2ヶ月ごとに届く定期便は最低6ヶ月分(3回)の購入回数の縛りがあります。

初回購入時の返金保証があるので、低カロリーかつ安心・安全な酵素ドリンクでしっかり栄養を摂りたいひとは、気軽に試してみてくださいね。

飲みやすさ (作るのは手間だが味は飲みやすい)
3ヶ月の
コスパ
 (1ヶ月あたり4,900円)
1日分の
カロリー
 (35.8kcal)
安全性 (国内の工場で製造&放射能検査済み)
サポート  (返金保証あり定期便は3回以上の縛りがある

酵素のおすすめNo.5 甘酒酵素ゼリー

酵素 甘酒酵素ゼリー

「甘酒酵素ゼリー」は、1食分ずつが個別包装されている、ゼリータイプの酵素ダイエット商品です。

水で割ったりシェイカーで作ったりしなくてもいいので、手軽に置き換えダイエットができるのが嬉しいポイント。私も飲んでみたところ、甘酒が苦手でなければおいしく感じられると思いました。

また甘酒酵素ゼリーは、低カロリーかつ1日約89円のコスパの良さなのですが、こちらも定期便は4回以上の購入が必須です。

はじめての場合は30日以内の返金保証があるので、ゼリーが良さそうだと感じたらまず試してみてから、継続するかをきめるといいと思います。

飲みやすさ (甘酒が苦手でなければ飲みやすい)
3ヶ月の
コスパ
(1ヶ月あたり2,667円)
1日分の
カロリー
(16.4kcal)
安全性  (製造方法について明記されていない)
サポート 返金保証あり定期便は4回以上の縛りがある

産後・授乳中の酵素ダイエットまとめ

産後ダイエット 酵素 商品 イメージ

一般的なダイエット用の酵素ドリンクは数多くありますが、産後・授乳中のママに適したものはそう多くはありません。

そのなかでも、飲みやすさやコスパといった「続けやすさ」を中心に、産後ダイエットを成功させやすくなるポイントに基づいておすすめ商品をご紹介してきました。

最後は風味や味といった、人によって好みが異なるところで決めることになります。

返金保証がある商品も活用して、いろいろ試してみてから、自分にあった酵素ドリンクを見つけてくださいね。

おすすめ順 おすすめNo.1 おすすめNo.2 おすすめNo.3
商品名 ドクター
ベジフル青汁
ベルタ酵素 コンブチャ
クレンズ
商品画像 酵素 ドクターベジフル 酵素 ベルタ 酵素 ダイエット コンブチャクレンズ
飲みやすさ  ◯
コスパ  ◎
カロリー  ◎
安全性  ◎
サポート  ◎
販売サイト 購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら
おすすめ順 おすすめNo.4 おすすめNo.5
商品名 チアフルマム 甘酒酵素ゼリー
商品画像 酵素 チアフルマム 酵素 甘酒酵素ゼリー
飲みやすさ  ◯
コスパ  ◯
カロリー  ◯
安全性  ◎
サポート  ◯
販売サイト 購入はこちら 購入はこちら

※記載の内容は執筆時点のものです。正確な情報は、必ず公式サイトなどでご確認ください。
※「飲みやすさ」は作る手間と味の2つの観点。「コスパ」は3ヶ月の平均でかかるお金が3,000円(1日100円)までなら◎、6,000円までなら(1日200円)◯、それ以上なら△。「カロリー」は1日あたりで30kcalまでなら◎、100kcalまでなら◯、それ以上なら△。「安全性」は製造工場について国内もしくはGMP認定と明記されているかと放射能検査を行っているかの2つの観点。「サポートの手厚さ」は定期便の回数しばりや返金制度の有無などの観点でそれぞれ評価しており、「飲みやすさ」→「コスパ」→その他3つのポイントの順の優先度でおすすめの順番を決めています。