【子連れOK】神田で子連れディナーを楽しめる焼肉屋「俺の肉 本店」

ビジネス街として多くのサラリーマンで賑わう神田は、子連れで訪れることはあまりないかもしれませんが、だからこそいざというときに子どもOKのお店がサッと見つからないと不安になりますよね。

神田にある子連れOKのお店のなかで、私たちが実際に行ってよかったと思ったのが、上質なお肉をお値打ち価格で楽しめる焼肉屋「神田焼肉 俺の肉 本店」です。

この日はたまたまパートナーの誕生日祝いでいったのですが、いろんな点でホスピタリティも抜群でした!

そんな子連れディナーに嬉しい「俺の肉 本店」について、お店の様子やおすすめメニューなど、私たちが実際に子連れで行った感想をご紹介します。

神田の子連れディナーにおすすめ「俺の肉 本店」

子連れで神田に来ていて、ディナーのために子どもOKのお店を探しているなら、適度にガヤガヤする店内で焼き肉を楽しめる「神田焼肉 俺の肉 本店」がおすすめ

アクセスは、JRや東京メトロの神田駅から徒歩2〜3分ほどと良好。駅前の大通りからちょっとだけ奥まったところにひっそりとお店を構えているのが「俺の肉」です。

もしお店の場所がわからなくなったら遠慮なく電話して聞きましょう( 050-5592-2085 )。

店内は、4人用のテーブルがいくつかに、5〜7人で囲えるテーブルが1つ、カウンターが4席と全27席の広さ。テーブルはそれぞれがある程度離れているので、あまり周りを気にすることなく過ごすことができると思います。

また、全面喫煙可となっていますが、これは焼肉屋なので仕方ないということで(そこまで気にならないと思います)。

着席するとテーブルにはタレ用の小皿が人数分おかれます。

事前に子どもが居ることを伝えていたので、子ども用の小皿にはワサビがない状態で用意してくれました。子どもはワサビを見るだけで、ウェ〜って顔をして機嫌が悪くなるので有り難いですね(笑)。

なお、私たちは土曜の午前中にWeb予約をしてディナーに伺いましたが、つねに席は埋まっていました。予約の段階では結構先の日程まで「空席あり」となっていたのですが、当日来店するお客さんも含めて結構繁盛しているようです。

可能なら事前に予約しておくか、電話で確認することは必須ですね。

神田で子連れに嬉しい焼肉とホスピタリティ

ここからは、子連れディナーに嬉しい「俺の肉」のドリンクやメインのメニューについてなどをご紹介します。

ちなみに「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」などで有名な「俺の株式会社」も、「俺の焼肉」という名前で神田に展開しているのですが、この「俺の肉」とはまったくの無関係なようです。ややこしいですね(笑)。

まずはドリンクですが、子どもが飲めるソフトドリンクは5種類で、中ジョッキサイズで350円、1リットルも入ったギガジョッキで700円。身体のことが気になる大人向けに「黒ウーロン茶」もあります。

またお酒の種類はかなり豊富で、ビールやハイボール、サワー類はもちろんのこと、紹興酒や焼酎、マッコリ、日本酒、梅酒、ワインまでアルコール類はひととおり用意されています。

私たちは乾杯のビールのあとは、赤ワインをボトルでいただいたのですが、いずれも3,200〜4,500円/本といった価格帯で、リーズナブルな部類だと感じました。

ここからはメインの焼肉などの食べ物についてですが、この日のオススメは酒飲みがイチコロになってしまうであろう商品「和牛のハツ刺(680円)」でした。

プリップリで新鮮なハツ刺はすぐにサーブされて、かなり満足度は高かったです(子どもはまだ食べれませんが汗)。

メニューの裏側には、お店の看板メニュー「俺のデラックス盛り!」が紹介されていて、それぞれ仙台牛の厳選部位5種類(日替わり)+上ハラミの、全6種となっています。

  • ハーフサイズ(400g):6,500円
  • レギュラーサイズ(600g):9,600円
  • 800gサイズ:12,800円
  • 1kgサイズ:16,000円
  • MAXサイズ(1.2kg):19,200円

私たちは大人2人と5才児1人の3人でしたが、他にも軽く食べたからかハーフサイズ(400g)で十分すぎるくらいでした。

また「山形牛のユッケ」「上タン塩」などの希少部位や、チーズウィンナーや天使のエビなどの子どもが喜びそうな肉類、キムチやナムル、主食類からデザートもしっかり用意されています。

激安チェーンの焼肉屋などと比べると、お肉やアラカルト類は若干高めですが、石焼ビビンバやカルビクッパは700円台なように、主食類はまずまずの価格帯だと思います。

私たちが注文して満足したものをご紹介!

さて、神田「俺の肉 本店」で私たちが実際に注文して、親子ともども大満足のメニューをご紹介していきます。

まずは定番の「4種のキムチ盛り合わせ(780円)」。子どもはまだ食べられないのでお通しのナムルをほとんどあげて、大人は来たるべきお肉に備えてキムチで胃袋を慣らしていきます。

ちなみに、個人的にオイキムチ(キュウリのキムチ)は変な臭さがあるお店に出くわすことが多いのですが、ここのオイキムチはそんなことは一切なく、4種類とも美味しかったです。

続いて、上でもご紹介した本日のオススメ「和牛ハツ刺(680円)」。

臭みが一切ないハツ刺が7〜8切れ入っているのですが、備え付けのゴマ塩油との相性も抜群で、もうひと皿追加注文したいくらいでしたが、他のお肉などもこれから来るのでグッと我慢しました。来るたびに食べたい商品です。

ここからはメインのお肉。家族全員タン好きなので、迷わず「上タン塩(1,200円)」を注文。

熱々で歯ごたえ抜群の牛タンが、小皿にあったレモン汁の爽やかさとマッチして、大人も子どもも争奪戦になるレベルの美味しさでした。

次は、お店の看板メニューである「俺のデラックス盛り!ハーフサイズ(6,500円)」。

右から時計回りで、希少部位の「ミスジ」「巻ロース」「くり」「芯々」「上ハラミ」が並び、真ん中にある金色の高台には「ヒレ」が鎮座します。味はもちろん、テーブルのかなりを占領するほど見た目のインパクトもある逸品です。

また、この日はパートナーの誕生日祝いで来店していたのですが、事前のWeb予約の際にそのことを伝えていたため、ハッピーバースデーのメッセージカードを添えてもらえました

美味しい焼肉を食べているとどうしても欲しくなるのが白めし。

俺の肉には通常のライスもあるものの、「ねぎめし(めしダレ付・450円)」がおすすめとのことでオーダーしましたが、これが大正解!

お肉の脂をシャキシャキのネギが吸収して、特製のめしダレと白ごまの風味が絶妙なハーモニーを奏でるので、あっという間に平らげてしまいました。ネギが苦手じゃなければ、ぜひ試してみて欲しい商品です。

また、お肉とねぎめしでお腹いっぱいにはなりつつも、焼肉に来たら最後の〆は外せないもの。

私たちは席の横にある壁でずっと誘惑してきていた「俺流冷麺(750円)」と、温かくて胃にやさしいものをと「塩テールクッパ(700円)」を注文。

黒毛和牛赤身肉の「しぐれ煮」が入った冷麺は、和風だし→すだち果汁を入れる→お酢を入れる、と三段階の味を楽しめて(辛いのが好きな人はカプサイシンも追加可能)、塩テールクッパはほろほろに溶けるお肉が絶品で、スルスルと食べれてしまいました。

持ち込みのケーキを冷蔵庫に保管しておいてくれました

子連れでも楽しめる、クオリティの高い焼肉はもちろんのこと、誕生日パーティーで訪れた私たちにとって、さらにありがたいサービスもありました。

それは「持ち込みケーキを冷蔵庫に保管しておいてくれたこと」。

事前に電話で確認したところ、よくあるサプライズプレートのようなデザートの用意はない代わりに(俺のデラックス盛り!ではメッセージカードと花火がありましたが笑)、そこまで大きいものでなければお店の冷蔵庫に入れておきますよ、とのこと。

普通は持ち込みのケーキなどを店内で食べることは認めてくれないところが多いですが、この心遣いのおかげで最高の誕生日祝いにできました。

(ケーキ上のカードの文字がぐちゃぐちゃになっているのは移動中のもので、お店の人に預けたからではないのでご安心を笑)

神田で子連れ焼肉を楽しむなら「俺の肉」

高級和牛をふんだんに使った焼肉や、冷麺やクッパなどの〆ものもレベルが高い「俺の肉 本店」。子連れにも嬉しい気遣いやホスピタリティが、安心してディナーを楽しめるポイントです。

神田で子連れディナーに困ったときは、ぜひ「俺の肉」に行ってみてください。もし西口にある本店がいっぱいだったとしても、南口にも2号店があるので、諦めないでくださいね。

店名 神田焼肉 俺の肉 本店
電話 050-5592-2085
住所 東京都千代田区内神田3-15-10 東海神田ビル1階
交通 JR神田駅西口から徒歩2分
東京メトロ神田駅2番出口から徒歩3分
時間 月〜金:17:00~(L.O 23:00)
土・日・祝:16:00~(L.O 22:00)
*年中無休
予算 大人ひとり4,000〜6,000円(お酒2〜3杯の想定)
支払い カード可
駐車場 なし
予約 可(ネット予約もあり)

※記載の内容は執筆時点のものです。正確な情報は、必ずお店に直接ご確認ください。